<夫婦生活>夜の生活を妻が嫌がる!それってあなたの誘い方が下手なんじゃないの?

夫婦生活

結婚して数ヶ月。寝ながら妻を誘うのに、妻に拒否される。

やんわり断られる。など悩みを持った夫は多いようです。

これ何が原因なんでしょう?

 

もしかして、あなたの誘い方が下手なだけではありませんか?

下手な人は、下記のことがちゃんとできていません。

是非読んでみてくださいね。

 

1.「愛してる」や「好き」という言葉からスタートする

夜、妻を誘う場合は、必ずハグからはじまるはずです。

いきなり、ダイレクトに体を触ったりしていませんよね?

 

その時、ちゃんと「愛してる」や「好き」からスタートする場合は、夜の生活もスムーズに進む場合が多いのですが、これをちゃんと言っていないと女性の気持ちが上がりません。

 

男性は目で興奮する生き物ですが、女性は頭の中の感覚で興奮する生き物です。

つまり、感覚を宿す「言葉」が一番、脳の刺激になるのです。

 

あなたがどんなに胸元や下半身をまさぐっても、感覚が興奮しなければ、体は興奮はしません。

胸の先っぽだけを触っても無駄。それでは赤ちゃんに乳を与えてる気分にしかなりません。

 

付き合いたての2人じゃなければ、日々、男としての関心は下がって行きます。関心が下がってる時の妻の興奮材料は「夫の言葉」でしかありません。

 

歳をとっても仲良く痛いのなら、「言葉」を必ず習得しましょう。

妻にかける言葉がわからない人は、この本を参考にしてください。

 

2.キスする時間を長く取る

男性心では、手早く終わらせたい気持ちがあり、簡易的なキスで終わらせがちですが、女性はその前に脳が興奮しなければ、気持ちが追いつきません。

そのために、何よりも、キスの時間を長くとってください。というか、身体中にキスし、ずっとキスしていてあげてください。

女性は言葉と同じように、キスの感覚を脳で感じます。

そして夫のキスこそが「愛」に一番近い好意だと感じています。

タイトルとURLをコピーしました