ゼネコン彼氏は忙しい。彼は何を考えているの?

ゼネコン彼氏女性の恋愛

「彼氏がゼネコン勤務で忙しすぎる!」

「体が心配だし、私のこと、ちゃんと考えてくれているのかな?」

なんて不安なあなたへ

 

彼氏はあなたのこと、ちゃんと考えていますよ!

大丈夫です^^ 以下の内容を読んで落ち着いてくださいね。

 

忙しいゼネコン彼氏の実態

ゼネコン彼氏の忙しさは、現場の規模が関係しています。

たくさんの人が出入りする現場では、いつも忙しいのですが。工期が一年未満の小さな規模の現場なら、工事初期はそんなに忙しくないはずです。

 

ゼネコンの彼は朝6時〜7時くらいに家を出て、帰るのが19時〜21時。もちろん繁忙期に入ると心配になるくらい遅く帰ることもあります。彼はその間、現場と事務所を行き来しています。

事務所では山済みの資料を処理したり、明日の図面を作ったり、どんどん発生してくる問題を解決したり。他の人に頼めないような仕事を一人でこなしたりしています。(雑用係役)

現場に出ると、設計図どおりに事が進んでいるかの確認。クライアントへの説明や検査など。

時には理不尽な事件が発生します。そのため、隣人に頭を下げたり、下請けさんに無理を言って頼み込んだり。設計者のミスで多大な作業が発生したり。

工事が進むにつれて、もう頭の中は寝ても冷めても仕事でいっぱいになります。

 

仕事の時間は、彼女を考える暇もないほどの仕事量です。お昼もまともに休憩を取れない人がほとんど。彼が真面目であればあるほど、仕事中はなかなかプライベートのことを考えることができません。

 

ゼネコン彼氏が彼女を考える時

ゼネコン彼氏が、彼女のことを思い出すのは、「自分用」のスマホのメッセージを見た時です。

ほとんどの、ゼネコン彼氏は会社用の携帯を持っているはずです。そのため、自分用のスマホを仕事が終わるまで見ない人もいます。

だから、ゼネコン彼氏が、あなたのことをちゃんと考えられる時間って、本当にわずかなんです。

 

女性は、四六時中彼氏のことが考えられますが、男性って、一つに集中したらそれしか考えられないんですよね。

 

そんな中、仕事は激務へ。工事が進むに連れ仕事量は増します。彼女のことが見えなくなるくらい、体も心も疲れてしまいます。

 

でも「彼女に嫌われたくない」心の片隅でいつも、そう思っているのです。

 

けれど、家に帰ると、記憶が飛ぶように寝てしまう

こんな生活になってしまうゼネコン彼氏。許してあげてください。

彼らはこうやって、不器用な恋愛しかできないんです。

 

忙しいゼネコン彼氏の彼女はこうあるべき

ゼネコン彼氏は、もちろん、忙しくない時期があるからこそ、その隙間で彼女を作ることができます。

しかし、過酷な仕事をしている時、どうしても彼女を放置してしまいます。

ゼネコンの仕事は、責任感やリーダーシップがないと務まりません。彼らの仕事なしに、現場は動かないのです。現場のトップにいるのだから、とてつもなく大変な仕事です。

 

そんな彼氏は、彼女にこれを一番理解して欲しいと思っています。

「仕事で忙しくて放置する俺を許して!こんな仕事をする俺を受け入れて!」

 

ゼネコン彼氏だって、本当は彼女とずっといたいし、休みだってたくさん取りたいのです。

もちろん、友達にだってなかなか会えません。

タイトルとURLをコピーしました