転勤族のゼネコン彼氏との結婚 ゼネコン彼氏は高給取り?

ゼネコン彼氏との恋愛 女性の恋愛

彼氏がゼネコンに努めて入る場合、気になるのが彼氏の給料。

結婚したいけど、今後ものことも気になる。

そんな時、結婚の鍵となるのが、ゼネコン彼氏の給料ではないでしょうか?

転勤を伴うゼネコン彼氏の場合は、恋愛期間も結婚した後も転勤に悩まされます。

そんな中、多くの女性が、ゼネコン彼氏と結婚するには理由があります。

転勤族のゼネコン夫は高給取り!

全国で名前が知れているようなゼネコンに努めると、一般的に年収500万を超えるのが普通になります。

だいたい30代で600〜800万クラスも珍しくなく、一般的なサラリーマンよりとても良い上、仕事に追われるため給料のほとんどを貯金していることが多いのです。

その上、結婚すると、家族手当付く会社も多く、手厚い待遇が待っています。

結婚の次に待っている出産、子育て問題がありますが、これだけ給料をもって帰る仕事はなかなかありません。

残業がなければ約30万円ほどの手取りがあり、残業があれば40〜50万円程の手取りがあるのが一般的です。

年功序列的なところがあるので、ボーナスや給料は年齢で変わって来る業界です。

出産を機に会社を辞める男性も多いのが現状ですが、次に同じような金額をくれる会社は少ないことから、辞めるに辞められないご家庭が多いのではないでしょうか?

主婦になりたいなら、ゼネコン彼氏は最適!

結婚を機に仕事を辞めたいと考えている女性は多いのではないでしょうか?

年収1000万円以下では、たいした贅沢はできないのが現状です。

しかし主婦として生活するには十分な額なので、安定的な生活を送れます。

また、子どもが小学校に入ると、だいたいの家庭が家を購入し、夫が単身赴任となります。

そう考えると、少し寂しい気持ちもしますが、結婚生活が長くなると、夫の存在がそこまで気にならなくなるのが現状です。

ゼネコンであれば、住宅ローンもスイスイ。

結婚して幸せを考えるとき、家族の時間が少なくなるのがゼネコン彼氏ではあります。

しかし、つつましくも、金銭的に恵まれた家庭が作れるのは魅力的です。

ばりばり働く女性にもゼネコン彼氏は最適

日々忙しく働く女性にもゼネコン彼氏はおすすめです。

ゼネコン彼氏の場合、結婚してダブルワーカーになると、世帯年収が一千万以上になります。

そのため、税金も高く付き、学費などの免除も受けられません。

しかしそれがモチベーションとなり、二人で協力して高い水準の家庭を作ることができるのです。

お互い稼ぎがあるので、必要なところはお金を使い家事代行を頼み、休日は一緒に楽しむといったことができます。

ゼネコン彼氏は土曜日がないことも多いので、忙しく自分も時間がない女性には良い彼氏になるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました